海雑貨制作*KASA*のゆるゆる手づくり生活

羊毛フェルト作品を中心に、ダイビングで見た魚やウミウシなどの海のいきものを作っています。日常をゆるゆる書いてます。

田辺ダイビング☆オオカワリギンチャク

●シェアする●

実は7月、8月と2ヶ月連続で田辺の海に潜りに行ってました波

まだ写真が追い付いてませんが、すさみ、白浜にも行っていたりf(^^;

とりあえず7月の田辺の写真からニコちゃん

大阪から近いし、ずーっと行ってみたかった田辺!

目的は光るイソギンチャクこと

『オオカワリギンチャク』きらきら!!上げ上げ

日本で(世界で?)見られるのは田辺(みなべ)だけと聞きましたが、実際どうなんでしょう??

情報があいまいですが、調べてもわからなかった(x_x;)

お天気はしっかり晴れ晴れ

早速一本目にオオカワリギンチャクのいポイントへアゲアゲ

事前に

『水深約40メートルほどのところに車ほどの大きさの岩に群生しているけど、透明度が悪かったら危ないので行けません』

と説明受けていたので、ドキドキしながら潜降開始。

深いから減圧症に気をつけつつ、壁(根)添いに降りていき水深30メートル…

と、越えたあたりでガイドさんから大きな×のジェスチャーガーン

下見ると、深さを差し引いても確かに真っ暗ガクリ

ちょっとショックだなぁと思ってたら、ガイドさんが近くの根を指差しこれ↓

そこにはオオカワリギンチャク(単体)がなっ・・・なんと!

たしかに光ってるように見える~きらきら!!

群生は見れませんでしたが、とりあえず見れた事に感動キラキラ

上がってからガイドさんが

『ちゃんと開いてて良かったねぇ~』

と。

ん?どういう意味??

聞くとあのイソギンチャクの触手(上ピラピラしたとこ)が本体の中に入り込んでることもあるとあせる

良かったビックリマーク

まさかのやっと見れた一本が閉じてたらショック大きすぎたショック!笑

ほっとしつつ、はじめてのオオカワリギンチャクへの挑戦は終了したのでしたふぅ

次からはまた見た生物の写真をのせていきます~うお座

長々とお付き合いありがとうございましたニコちゃん

~~~~~

『OSAKAアート&てづくりバザール』

出店します♪

9月15日(土)

P-44のプチブースです☆

詳細は公式ホームページをご覧ください→

ダイバーには馴染みがある、でもダイバー意外にはマニアックすぎる生き物たちを連れていきますアゲアゲ

よろしくお願いします(*^^*)

~~~~~

Twitterはじめました→@kasa45_umi●

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ